トップ情報セキュリティ用語辞典 > ミスユース検出法

情報セキュリティ用語辞典


ミスユース検出法(misuse detection)

情報セキュリティ侵害検出方法のひとつ。既知の侵害パターンに基づく情報とマッチングすることにより、該当侵害/ミスユース(悪用)の存在を検出する方法。「Signature recognition (シグネチャ認識)」ともいう。この場合の「signature (シグネチャ)」は、既知の侵害パターンに基づく情報のことであり、署名のことではない。