トップ情報セキュリティ用語辞典 > 分散型サービス妨害攻撃

情報セキュリティ用語辞典


分散型サービス妨害攻撃(DDoS attack: Distributed Denial of Service attack)

インターネットプロトコルの特性を攻略して、ネットワークに接続されたコンピュータに過剰な負荷をかけて、サービスを提供することをできなくしてしまう種類の攻撃がある。このような DoS攻撃の攻撃元が複数で、標的とされたコンピュータがひとつであった場合、その標的とされるコンピュータにかけられる負荷は、より大きなものになる。このような攻撃が DDoS( Distributed Denial of Service:分散型サービス妨害)攻撃と呼ばれている。攻撃元は、攻撃者(人間)自身であるとは限らない。むしろ、攻撃者が事前に標的以外の複数サイトに、攻撃プログラムを仕掛けておいて、遠隔からの操作をきっかけとして一斉に DoS攻撃をしかける手法の方が広く知られている。