トップ情報セキュリティ用語辞典 > サービス妨害攻撃

情報セキュリティ用語辞典


サービス妨害攻撃(DoS attack: Denial of Service attack)

コンピュータ資源やネットワーク資源が、本来のサービスを提供できない状態に陥れる攻撃。例えば、インターネットサーバーによって提供されている各種サービスを標的として妨害する攻撃が、一般に入手可能なツールを利用して行われている。このような DoS攻撃には、 次の種類がある。:

・インターネットプロトコルの特性を悪用して、ネットワークに接続されたコンピュータに過剰な
 負荷をかけ、サービスを提供することをできなく する攻撃 : SYN flood attack (SYN フラッ
 ド攻撃)等。
・ネットワークの帯域を渋滞させる攻撃: Smurf attack (Smurf 攻撃)等。
・サーバーアプリケーションの脆弱性を攻略し、サービスに例外処理をさせてサービスを提供
 することをできなくする攻撃