情報セキュリティ用語辞典


ウイルス(virus)

広義/狭義の定義がある。
広義: 「コンピュータウイルス対策基準」においては、広義の定義を採用しており、自己伝染機能・潜伏機能・発病機能のいずれかをもつ加害プログラムをウイルスとしている。自己伝染機能については、他のファイルやシステムに寄生・感染するか、単体で存在するかを問わない定義になっているので「worm(ワーム)」も含むことになる。他のファイルやシステムへの寄生・感染機能を持たないがユーザが意図しない発病機能をもつ「Trojan(トロイの木馬)」も、この広義の定義ではウイルスに含まれる。

狭義: PC 環境におけるコンピュータウイルスを念頭においた狭義の定義においては、他のファイルやシステムに寄生・感染(自己複製)する機能をもつプログラムをいう。この場合、システム中に単体として存在し、ネットワークを伝わって移動する「worm(ワーム)」は、ウイルスとは区別される。また、潜伏機能・発病機能しか持たない「Trojan(トロイの木馬)」も、ウイルスと区別される。